<var id="bf3zb"><strike id="bf3zb"></strike></var>
<var id="bf3zb"><video id="bf3zb"></video></var>
<var id="bf3zb"><strike id="bf3zb"></strike></var>
<cite id="bf3zb"><video id="bf3zb"><thead id="bf3zb"></thead></video></cite>
<menuitem id="bf3zb"></menuitem>
<var id="bf3zb"></var>
<menuitem id="bf3zb"><video id="bf3zb"></video></menuitem>
<var id="bf3zb"></var>
<var id="bf3zb"></var>
ヤマト インターナショナル リクルートサイト Q&A



2020年度內定者

會社の成長とわたしたちの成長がリンクする。ユニークな商品やサービスを提案し、人生を楽しむ人をたくさん増やしていきたい。

interview

━ ヤマト インターナショナルに入社を決めた理由は何ですか?

インターンシップに參加した際に、社員の皆さんが終始笑顔でとても和気あいあいとされていて、自分もその雰囲気にすぐに馴染めそうだと感じました。
他にも、長く働ける環境が整っている點や福利厚生がしっかりしていて、ワークライフバランスを取り入れた働き方ができる點が自分の理想とする働き方にマッチしており、最終的に入社を決めました。

━ ヤマト インターナショナルで將來的にやりたいことは何ですか?

営業など様々な仕事に挑戦し経験を積み仕事のノウハウを學んだ上で、將來的には時代や市場、環境の変化を読み取り、ニーズにあった商品を企畫できるMDとして活躍したいと考えています。
また、EC事業は今後も拡大を続け基幹事業になると考えている為、EC事業の仕事にも関わってみたいと考えています。

━ 面接時にどのような印象を持ちましたか?

一次面接から最終面接までどの面接もとてもアットホームな雰囲気で行われ、面接をしているというよりは會話をしているような雰囲気だったので、緊張することなくリラックスして面接に挑めました。
面接中も採用擔當の方々は終始笑顔で、面接特有のピリピリした空気感は全くなくありのままの自分を出すことができたと思います。

━ 就職活動の中で重視していた企業選びのポイントはどこですか?

私が就職活動の軸としていたことは3點あります。
1つ目は、自身の能力を最大限に発揮でき、活躍できる環境であるかという點。2つ目は、會社や働く人の雰囲気が自分に合っているかという點。3つ目は、コロナウイルスで社會は大きく変化し、今までの日常とは大きく変わってしまいました。 そのような変化に今後も対応し続けられる力を持っているかという點を重視し就職活動を行いました。
そして、企業研究や実際に店舗へと足を運び、社員の方々に話を伺った結果、ヤマトインターナショナルはこれらを兼ね揃えていると感じました。

2020入社の選考スケジュール

4月上旬
説明會、一次選考、筆記試験
4月下旬
説明會、二次選考、適性検査
5月上旬
三次選考
5月下旬
最終選考
選考は全て個別面接を実施しています。

採用の特徴

総合職として採用しています。
入社後は店頭等、複數の部署で経験を積んでいただき、約1年半後に、本社スタッフとして本配屬となります。
営業部門、戦略部門、管理部門と幅広く業務を経験できるチャンスがあります。

その他

ヤマト インターナショナル株式會社は70年以上の歴史を持つアパレル企業として成長してきました。
業界や企業を取り巻く環境の変化に合わせ、迅速かつ柔軟に成長の方向性を決定し、変化を恐れない姿勢で更なる成長に向け新しい取り組みに挑戦していきます。

女高中生被弄了一夜,欧美人伦禁忌DVD,丝袜高跟麻麻浓精受孕人妻,日韩人妻无码精品专区综合网
<var id="bf3zb"><strike id="bf3zb"></strike></var>
<var id="bf3zb"><video id="bf3zb"></video></var>
<var id="bf3zb"><strike id="bf3zb"></strike></var>
<cite id="bf3zb"><video id="bf3zb"><thead id="bf3zb"></thead></video></cite>
<menuitem id="bf3zb"></menuitem>
<var id="bf3zb"></var>
<menuitem id="bf3zb"><video id="bf3zb"></video></menuitem>
<var id="bf3zb"></var>
<var id="bf3zb"></var>